大学生の頃からdプログラム一筋

ホーム / 未分類 / 大学生の頃からdプログラム一筋

私は普段から化粧や肌の手入れには無頓着なのですが、最低限のことはしよう、と思い、20歳になったくらいから化粧水と乳液を買ってみたりしていました。デパートの化粧品コーナーでは店員が肌年齢などのチェックをしてくれるお店がありますよね。そこで診てもらうといつも状態が良く、実年齢よりも若い年数が結果として出ます。そして毎回肌が弱いと診断されます。実際、薬局やスーパーに出回っている洗顔やクリームを塗ると赤い発疹が大量に出たりと、相性が悪いことが多々ありました。そこで勧められたのはdプログラムで、その後何年も診断チェックはしてもらってませんが、使いやすいし匂いもないし肌に合わなくなった感じもないので、化粧水と乳液はずっとdプログラムを愛用しています。年齢とともに変えていかないといけないのかもしれませんが、高価な物が全て良いというわけでもないと思っているので、合わないと思うまで長くお付き合いしてみようと思っています。